貴陽市きようし guiyang

貴陽市

貴陽市Guiyang

貴陽市の略称は「築」。貴州省の省都で、中国でも有名な観光都市。面積は8034平方キロ、人口は350万人。冬の厳しい寒さ、夏の厳しい暑さは無く、年間平均気温は15.2℃です。
「天上に極楽浄土あり、地上に蘇州と杭州があるが、気候の良さといえば貴州以外にない」と言われるほどで、2006年に「中国の避暑地」に指定されました。
グリーンは貴陽の高原都市の基調色。都市をめぐる森林面積は150万ムー(約10万ヘクタール)に達しており、04年に中国初の「国家森林都市」に指定されました。
秀麗な山河と湖、奥深い谷と鐘乳洞、花渓、紅楓湖、南江渓谷など風景は実に多種多様で、それぞれが独特の姿をみせています。
また名跡も多く、甲秀楼や黔霊山、青岩古鎮、香紙溝などはいずれも古い文化の趣を漂わせています。多彩な少数民族の風情も内外の観光客にとっては魅力的です。
貴陽はその独特な風貌で国連が確定した「素朴な精神に戻り、自然に回帰する」最初の観光地の一つとなりました。

貴陽市は貴州省の交通の要衝、観光の中心地であり、省内で観光施設が完備した都市の一つ、暖かく行き届いたサービスを受けながら、
貴陽を中心に貴州全体を自在に観光するのもまた愉しいものです。

主要な名所

tourist spot

青岩古鎮

花渓区青岩鎮にあり、明の洪武年間(1368-1398年)に造られた青岩城で、中国歴史文化名城の一つです。明清時代の風格を漂わせています。
現在、城門は1つ、大通り4本、石を敷き詰めた道は26本、石製の鳥居が3つ残っており、道沿いに古い木造家屋が立ち並びます。
すこぶる南方民家の特色に富んでいる。石製の堀や臼など数多くみられることから「石頭城」と呼ばれています。
また仏教や道教の寺院、カトリックやキリスト教会もあり、様々な宗教文化が融合しているところでもあります。

甲秀楼・翠緑園

甲秀楼は貴陽市のシンボル的な建築物で、全国重要文化財。南明河にある鰲磯という巨石の上に立ち、観音寺、翠微閣と隣接しています。
明万暦二十六年(1598)、貴州の巡撫(旧民政・軍政長官)の江東之はここに堤防を築き、その上に楼を建てたました。
利甲でずば抜けているという意味を﨤んで「甲秀楼」と名づけました。 甲秀楼は3階建て、四角形の庇がせり上がった閣楼で、隣接する浮玉橋はまるで水上に浮かぶ玉帯のように起伏しています。 橋を渡ると、寺院建築と園林庭園の枠を集めた翠微園に、拱南閣や竜門書院などがあります。

黔霊公園

市北西部に位置し、国家AAAクラスの観光地。「貴州南部一の山」と言われる黔霊山河あるのがその由来です。
山は高く、木々は青く、森林面積は400万平方メートル、数少ない都市森林公園です。
園内には様々な鳥が飛び交い、アカゲザルも群れを成して人々と戯れ、人と自然との調和を感じさせます。

紅楓湖

市西部の清鎮市に位置し、国家クラスの風景区、国家AAAクラスの景勝地です。湖水面積は57.2平方キロ、省最大の人工湖。
カルスト地形と湖水、山の景色が特色で、「山の中の湖、湖の中の島、島の中の洞窟、洞窟の中の水」と言われる美しい風景が展開され、北湖の島や後湖の湾、南湖の洞、中湖の山は「四大絶景」と呼ばれています。
湖畔にはミャオ族やプイ族、イ族などの少数民族が暮らします。民族風情を体験するのが紅楓湖観光のメイン。

百花湖

市中心から西北に22キロのところにあり、省クラスの景勝地です。カルスト地形と山水の景観が特色で鐘乳洞や温泉、洪武廟、茶飯営盤、朱昌古堡など見所は多いです。
百花湖は水青く、静寂で、周りの山と相まって「山外に山あり、湖外に湖あり」といった趣を呈しています。湖には100余りの島が点在。なかでも百花島、烏島がお勧めスポットです。

花渓

花渓区に位置し、花渓公園や天河潭、花渓湖、鎮山村などが見所です。
花渓区渓北路にある花渓公園には山々が聳え立ち、渓水はどこまでも澄みわたり、花が咲き乱れ、木々が生い茂り、特色のある橋と殿堂が渾然一体となって、清新さと自然一色に染められています。天河潭は花渓区石坂鎮にあります。
典型的なカルトス地形がみせる自然な風景。花渓河が地上と地下を流れ、水洞と土洞が相連なり、土洞の絶壁の上に天生橋が架かっています。
滝はまさに天川が逆さに降りかかるように橋の下に奔流となって流れ落ちている。鎮山村は花渓と天河潭、花渓ダム(花渓湖)との間にあります。
村内にあるプイ族生態博物館。城壁や城門、家屋は全て石で築かれ、屋根、道には石が敷かれ、村全体が石の王国のようです。

貴陽ゴルフリゾート

修文県扎佐鎮三元村、貴遵(貴陽=遵義)高速道路沿いにあります。高原森林型のゴルフ場。総面積は200万平方メートル、南北にそれぞれ18ホール、72バーの国際標准ゴルフ場で、練習場、テニスコート、プール、フィットネスクラブ、会員ホテル、中国・西洋レストラン、専売店などの付属施設があります。

六広河大峡谷

貴陽と畢節との境界、貴畢(貴畢=畢節)高級自動車道沿いに位置しています。峡谷には滝が流れ落ち、古木が生い茂り、サル群が出没し、シラサギが飛び交うなど、山と水、洞窟、滝が一体となった風光明媚な地。白馬峡や猴愁峡などが見所です。
六広河の川岸にはユートピアのようなミャオ族、プイ族の村があり、吊橋古渡、仏洞山寺、六広古渡、六広城旧跡などの人文景観も多いです。

修文陽明洞

修文県東部の竜崗山上に位置する省クラスの景勝地であり、前項重要文化財です。明朝の思想家往陽明(1472-1528年)が道を悟った地であり、「王学聖地」とも呼ばれています。
玩易窩や何陋軒、君子亭、濱陽堂、王文成公祠などが見所です。

香紙溝

烏当区新堡郷にある省クラスの景勝地。鍋底?や南靖寺、竜井湾、馬脚沖などが見所です。
魅力的な高原峡谷の風景、プイ族の伝統漂う風情、独特な技術をもつ古来の製紙作りを体験でき、地元の人たちが伐採して原料にした竹を蒸し、水に長時間浸けるなど、72段階もの工程を経てできた「香紙」は内外で好評です。

南江峡谷

開陽県にある省クラスの景勝地。峡谷の長さは40キロ余り。カルスト峡谷と滝を特色とする景勝地です。
両岸びは山が屹立し、河谷は深く、40数本の滝が流れ落ちる南江峡谷は、漂流探検には絶好の地。ゴムボートで恐怖感とエキサイティングを。
また絶壁の桟道を歩き、カルスト原始林を通り抜けるのも趣河もあります。

息烽収容記念館

息烽県永靖鎮猫洞村に位置し、省クラスの景勝地であり、赤色観光(革命聖地見学)の代表的なところ。全国重要文化財でもあります。
息烽収容所は抗日戦争時に国民党軍統局(国民政府軍事委員会調査統計局の略称)が造った最大規模かつ最高級の秘密刑務所の一つで、1938年から1946年まで、多くの共産党員や愛国の知名人が拘禁され、感激と涙の勇敢な物語が残っています。

扎佐森林野生動物園

修文県扎佐鎮扎佐藤営林場に位置し、面積は約5000ムー(1ムーは15分の1ヘクタール)。見所は野生動物と森林景観で、野生動物保護や科学普及、科学研究、レジャーの機能を併せ持ちます。
園内にはパンダ、貴州キンシコウ、キリン、シマウマなど200種、5000頭の動物が飼育されているほか、希少動物園や動物によるアトラクション、動物飼育区、遊園地、駐車場などがあります。

交通

traffic

空路

貴陽竜洞堡空港は4Dクラスの現代的国際空港。現在、北京や上海、広州、青島、深圳、海口、成都、昆明、香港、バンコクなどの数十本の内外航空路線が開設されています。
このほか、安順、興義、銅仁、黎平、茘波行きローカル線もあります。

鉄道

貴陽には滬昆(上海=昆明)、川黔(四川=貴陽)鉄道が経由しており、北京や上海、南京、杭州、広州など大中都市への直行が可能です。
省内では貴陽から六盤水、玉屏、遵義などに向かう観光列車もあり、安順、桐梓、凱里、都匀にも列車があります。

RECOMMENDおすすめ