銅仁どうじん地区 Tongren

銅仁地区

銅仁地区Tongren

銅仁地区は貴州省に北東部に位置しています。「貴州北東部の入り口」と呼ばれ、面積は1万8000平方キロ、人口は400万。
トゥチャ族やミャオ族、トン族などの少数民族が人口の68%を占めています。
銅仁地区は観光資源が実に豊かであり、梵浄山に烏江、錦江、カルスト地形、温泉、農村観光、生態文化、民族文化、仏教文化、赤色文化など代表的な見所が数十ヵ所もあります。
武陵山脈の主峰梵浄山は国家クラスの自然保護区、国連「人と生物圏」保護ネットの一員であり、また仏教の聖地、彌勒菩薩が修業したところでもあります。
国家クラスの自然保護区【麻陽河】は黒葉ザルの保護区で、錦江が西から東へと銅仁地区を横断して流れ、有名な「十里の錦江-九竜洞」の名勝が形成されています。

主要な名所

tourist spot

梵浄山

江口県、印江県、松桃県、の県境に位置し、国家クラスの自然保護区です。
総面積は567k㎡。「生態の大国」とか「動植物遺伝子バンク」とも呼ばれています。
国家保護動植物の中で最も希少で代表的なのが、ハンカチノキ、サルスベリ、ユリノキ、貴州キンシコウ、オオサンショウウオなど。
名所はいずれも山々が幾重にも繋が連なり、滝が高所から飛瀑し、渓流が縦横に流れ、森林被覆率は95%に達しており、世界の同一緯度で唯一の原始植生が完全な形で残っています。
梵浄山は仏教の聖地、彌勒菩薩修業したところで、皇庵が4つ、大覚庵が48あったと言われています。代表的な寺院は護国禅寺、鎮国寺などです。

九竜洞

銅仁市南東の漾頭鎮、錦江南岸の大峡谷に広がる国家クラスの景勝地です。
九竜洞は、山々が林立し、渓谷は奥深く、美しい鐘乳洞、くねくねと続く秀麗な錦江の(漾頭)ダム地区もあれば、考古学的価値の高い新石器時代の原始人文化遺跡もあり、鑑賞と科学研究機能を備えた有名な観光の聖地です。
九竜洞はカルストの鐘乳洞、洞内は広大で、迫力があり、石筍や石柱、石滝など多彩な姿を見せます。
主洞の天を突くかのような柱は高さ39.8メートル、柱体に9体の石竜が巻きつき、実に壮観で生動感に溢れています。

烏江山峡

烏蒙山脈に源を発し、石阡県、思南県、印江県、徳江県、沿河県の5県を経由し、そのうちの沿河県内の烏江山峡が省クラスの景勝地に指定されています。
南から北まで巫石峡、黎芝峡、銀童峡、土坨峡、王坨峡の五つの峡谷からなり、谷は奥深く、流れは急です。
行くたびに景色は変わり、どの景色も新奇で、絵屏風を想像させることから「烏江の画廊」とか「烏江百里の画廊」とも呼ばれています。
遊覧船で百里画廊を見学することができます。5つの峡谷を順に眺め、烏江に険しさと両岸の美しく自然を目にした後、車で名所旧跡を見学し、トゥチャ族の文化に触れるのも一興です。
川沿いの明代の淇灘古鎮や譙家鎮白石土地湾黔東特区革命委員会跡巡りコースも内容多彩です。
このほか摩崖石刻や淇灘、封火桶子、万寿宮、観音堂、吊脚楼、民風民俗、赤色旧跡などが見所が多いです。

錦江

錦江は梵浄山に源を発し、江口県を経由した後、西から東へと銅仁市を横断します。
上流の大江と小江は市街地を3つに区分し、「S」字形のように市内をくねくねと回りながら東、長江と流れ込んでいます。武陵に小蘇州、錦江の12景、錦江公園、水晶閣などの自然景観と人文景観の一つひとつが真珠のように錦江の両側に嵌め込まれているような光景が魅力的です。
まさに「清水出芙蓉、天然去彫飾」の5kmにわたり画廊が続きます。

麻陽河

麻陽河国家自然保護区は沿河県にあります。
面積は300平方キロ。世界で黒葉ザル群の最も多い自然保護区です。
76群、約730匹の国家1級保護動物の黒葉ザルとその他の稀少動植物が生息しています。
峡谷は高く険しく、森林が密生し、渓流が流れ、泉が湧き、景色は実に美しいです。
見所は黒葉ザル王国、河谷景観、老鷹岩などです。

石阡温泉

石阡県南部を流れ竜川河の東岸にあります。
明の万暦三十四年(1606年)に造られました。
主な建物物である長廊、民塘、官塘と女塘が東向きに並び、温泉を中心に一つの温泉郡を形成。現在までに温度の高いミネラル温泉が14ヵ所で発見されています。
石阡温泉のミネラルウォーターは国指定のセレン指標を達成しています。
また、泉につかることも可能です。ラドンなど健康にプラスの元素が多く含まれ、皮膚病、リューマチ、関節炎の治療効果が高いです。

尭上コーラオ族文化村

石阡県平坪山郷仏頂上の麓にある包渓河岸に点在しています。
昔ながらの民家や風雨橋、祠堂などコーラオ族の建物が今でも残っています。民族風情は実は素朴です。
コーラオ毛竜、敬雀祭り、儺堂戯、人形芝居、薅草鑼鼓、攔路歌など民族独自の文化は原始的で古色な魅力に包まれています。敬雀祭りは生活の豊かさ、五穀豊穣を祈る祭祀で、艶やかな衣装に身を包み、「長号」(トロンボーンに似た古代の楽器)やチャルメラを吹いたり、山歌を歌ったり、儺堂戯を演じて祭りは最高潮を迎えます。

万山

石阡県南部を流れ竜川河の東岸にあります。
明の万暦三十四年(1606年)に造られました。
主な建物物である長廊、民塘、官塘と女塘が東向きに並び、温泉を中心に一つの温泉郡を形成。現在までに温度の高いミネラル温泉が14ヵ所で発見されています。
石阡温泉のミネラルウォーターは国指定のセレン指標を達成しています。
また、泉につかることも可能です。ラドンなど健康にプラスの元素が多く含まれ、皮膚病、リューマチ、関節炎の治療効果が高いです。

団竜トゥチャ族民族村

印江県の東34キロの梵浄山西麓に点在し、原始的な自然生態と民族風習が融合した、風光明媚なところです。
質朴さを感じさせる「小橋、流水、人」の情景と古くからの貢茶木はまるで、自然その物の民俗博物館、トゥチャ族の風情をそのまま映し出しているとも言えます。トウチャ族の木楼に一泊して、舞踊や山歌、民俗風情の堪能するのも愉しいです。

楓香渓

徳江県東部の楓香渓鎮にある。
1934年6月、中国労農紅軍第三軍はここで中国革命史上重要な意義を持つ会議を開き、黔東革命根拠地を創立するとともに、士地革命と武装闘争を展開し、政治機関と各級の党と共産主義青年団の組織を復活させる決定を下しました。
現在、楓香渓会説旧跡、楓香渓会議記念碑など28カ所革命旧跡が保存されています。全国重要文化財。

木黄

省クラスの景勝地です。印江県から北東へ40キロのところにあります。
赤軍第2、6軍団が合流した旧跡です。
1933年10月24日、赤軍第2軍団の指導官賀竜、関向応と赤軍第6軍団の指導官任弼時と蕭克、王震が部下を率いてここで勝利を収めた後に合流しました。
主要な名所はコノテガシワ、将軍山、合流記念碑、合流記念館などです。

何家寨

徳江県穏坪鎮にあります。地元の何氏一族の祖先が創立し、清の乾隆年間(1736-1795年)に造られました。
「三星月伴」という伝統的な風水理論をもとに、トゥチャ族の建物と中原建築の風格を取り入れて建築され、独特な工夫が凝らされています。
儺堂戯は原始的で古風で、神秘な雰囲気を漂わせており、「生きた芝居の化石」と称賛されています。
現在、儺戯団が13団体、66人の芸人が活躍しています。
民族文化的な特徴が鮮明で、歴史的な記録内容も豊富であり、歴史的価値、芸術的価値、観光的価値は非常に高いです。

RECOMMENDおすすめ